グリニッジ

マリタイム・グリニッジ

グリニッジ標準時(グリニッジ平均時)、グリニッジ子午線、グリニッジ天文台、などでその名を知られるイギリスのグリニッジは、シティ・オブ・ロンドンと32のロンドン特別区を内包する「グレーター・ロンドン」の南東部にある町。テムズ川(※)が大きく曲折する場所の南岸に位置し、古くから水運の重要な拠点として栄えてきた港町で、グリニッジ天文台をはじめ、旧王立海軍大学 (The Old Royal Naval College) 、国立海事博物館 (National Maritime Museum) など、航海にも深い関係のある天文学や航海術に関連する施設が点在する。それらのグリニッジの歴史的建造物群は、「マリタイム・グリニッジ」(海事都市グリニッジ、河港都市グリニッジ)として世界遺産にも登録されているのだ。また、19世紀にスコットランドのダンバートンで建造され、イギリスまで紅茶を輸送する船「ティークリッパー」として活躍した快速帆船「カティーサーク」も係留されている。

世界をまたにかけた大英帝国の海洋に関する歴史や、天文学などに興味がある方のみならず、歴史的な建物や英国の町の雰囲気、ロンドンとはまた違った町の観光を楽しみたい方にもお勧めの場所の一つ。少し時間に余裕のある方は、是非ともロンドンから少し足を延ばして、グリニッジを訪れてみては?

※テムズ川は干満の差が激しいことで知られ、歴史的にもしばしば氾濫をおこしてきた。最大時の干満差は実に水位が7メートルも変化するといい、河口から約50キロメートルの場所にあるロンドンもしばしば大きな影響を受ける。)

 
 

グリニッジ 行き方

鉄道で

ロンドンの中心部からは約30~40分ほど。

サークルライン(Circle Line)、ディストリクトライン(District Line)のモニュメント駅(Monument)でドックランズ・ライト・レールウェイ(DLR)に乗り換え。(DLRの駅はバンク駅(Bank))そこから、Cutty Sark for Maritime Greenwich駅下車。駅から徒歩約16分。同「Greenwich」駅から、徒歩約19分。
チャリングクロス駅(Charing Cross)からナショナルレール(Southeastern)でルイシャム駅(Lewisham)へ。ドックランズ・ライト・レールウェイ(DLR)に乗り換え、Cutty Sark for Maritime Greenwich駅下車。駅から徒歩約16分。同「Greenwich」駅から、徒歩約19分。

ロンドンの路線図

バスで

ラッセル・スクエア駅(Russell Square Station)から「188番」のバスに乗り、National Maritime Museum(国立海洋博物館)へ。所要約1時間。

その他

テムズ川を下る船で行くことも可能。
ロンドン・アイ(London Eye)、ウェストミンスター(Westminster)、エンバンクメント(Embankment)、ブラックフライアーズ(Blackfriars)、ロンドン橋(London Bridge)などにある埠頭を出発。グリニッジ埠頭(GREENWICH PIER)で下船。下船後徒歩。

グリニッジ:基本情報

所在地 Blackheath Ave London SE10 8XJ(グリニッジ天文台)
アクセス ロンドン市内から鉄道で約30~40分、バスで約1時間以上。
ウェブサイト http://www.greenwichwhs.org.uk/

グリニッジ:地図